ヌカベの仕事とは?

国境を越えたダイナミックな企業活動や中国の台頭など産業界を取り巻く環境が激変している中で、創業以来蓄積してきた加工技術と先端技術の融合によりクオリティの高い製品づくりを実現しているのがヌカベです。日本、アメリカ、中国の3極体制をもとに最適地生産を行うことで、グローバルな総合パーツメーカーを目指しています。

  • 技術力最優先

    ヌカベが世界から期待される総合パーツメーカーになるための第一のポイント、それが技術力です。長年にわたって高精度部品における加工技術を磨き続けるとともに、ロボット生産ラインにおけるFA化や多品種少量生産に向けたFMS化、さらには精密研削盤や超仕上盤といった先端設備を導入。サブミクロン単位の超高精度加工を実現する技術力を確立しています。≫技術力について詳しく見る

  • ワールドワイドに展開

    主力とする自動車業界をはじめ製造業は今、激しいグローバル競争の中にあります。それに伴って、品質やコスト、納期などすべての面を考慮した最適地でのモノづくりが求められています。ヌカベでは、日本を核としてアメリカと中国にも工場を展開する3極体制を構築。その製品に最も適した地域で製造することで、多様化するニーズに応えています。≫ヌカベの企業ネットワーク

  • 若手の活躍フィールド

    先端の生産設備は当然として、それだけでは製造できないのがヌカベの手がけている付加価値の高い製品です。そこに人間の英知が加わって、はじめて超高精度な製品が生み出されるのです。そのため、ヌカベでは年齢に関係なく意欲のあるスタッフが能力や個性を最大限に生かして働くことができる環境を整備しています。だから、どのフィールドでも若手社員がイキイキと活躍しています。≫活躍フィールドを詳しく見る

ページの先頭にもどる